ブログトップ

悪魔の手ざわり

eviltouch.exblog.jp

主にフィギュア原型についてのブログです。タイトルは昔大好きだった洋物TVシリーズから取りました。ホラーやTVの記事はないです。そっち期待して来た人ゴメン。

以前はずみで手に入れた改造パーツ。2枚目赤囲みに書いてあるのですが、なななんとタミヤ1/35のT-62をT-54に改造するためのガレージキットです。
たぶんT-54/55のプラモがタミヤのモーターライズ「コマンダー」しかなかった時代のキットだと思います。T-62の車体をぶった切って縮めてT-54車体を作れというステキ仕様w。T-55の胴体を延長改良してT-62作ったわけですから先祖帰りは正常な手法と言えばそうなんですが。タミヤをはじめT-55の好キットが沢山発売されている今となっては最早まっとうなミリタリー模型マニアには見向きもされないキットだと思います。

ですが見ていて何とも楽しい気分になってきます。品番(35TT001)を見ると1/35シリーズの第1段ですよ。キットを作った人の意気込みがw。特価1000円の値札の下には別の値札打ちで打ったサイズの違う3600円の値札があるんですが、恐らく30年くらい前に3600円出してこのキットを買った人の「よっしゃーこれでバリバリのT-54/55作ったるぜー」という高揚感。そしてガレキ説明書とタミヤのキットを並べたときの絶望感w。

現在エッシー、トラペ、タミヤとT-55系のキットをいくつも持っているので、自分も今さらタミヤT-62を切り刻もうとは思いませんが、エッシーの砲塔がペタンコで格好悪い(3mm低いというのが定説みたいです)ので、エッシーを作るときこの砲塔を使ってみようかなと思ってます。

ガレキは陳腐化した古いキットでも夢があって楽しいです。
自分が初めて買ったガレキは土筆レジン製「悪魔の使いチェストバスター」。当時何を血迷ったか新品定価で2つも買ってしまいました・・・。今でも箱を開けると夢の続きが見られます。悪夢も夢のうちというオチですがw。
f0229976_21181863.jpg

f0229976_21185374.jpg

[PR]
# by snuffking-6_10 | 2017-06-15 22:30
WF申請中の新作『怪物王女』嘉村令裡は早々にご許可いただきましてありがたいかぎり。蝙蝠の接続を煮詰めてる最中でバラバラなのでちょっと別のモノを。

1枚目は1年くらい前に作った『風立ちぬ』に出てくるファインモールド製「二郎の鳥型飛行機」です。ほんとうは翼端が青なんですがパーツで色分けしてなくて自分で塗る仕様なので白いまま。技術力のあるはずのファインがなぜ色分けしなかったのか、当時「ポプカル」に出展者としてきていた同社社員さんに聞いてもイマイチ歯切れが悪かったのですが、自分で作って眺めてみてなんとなく察しました。
鳥型だから翼端が白い方が格好いい けど翼端が青いのははちょっとビミョー ですねw。
近所のリサイクルで400円(メ希価2200えん)だったのですが、30分かからずに組み終わってしまったのでコスパ的に妥当な買い物でした。

2枚目は「お前がそう思うんならそうなんだろうお前ん中ではな」で有名な『少女ファイト』のバレー部員ルミ子がちらっと出てくるということで鳥飛行機と同じリサイクルで最近買ってみた『G戦場ヘヴンズドア』の一場面(『少女ファイト』だと練やルミ子より他校キャラの扇田が暑苦しくて♡)。漫画かく人たちが主人公の漫画でした。
ファンからは≒作者として見られることが多いらしい漫画家町田都の印象的な台詞。右綴じで一番目立つ左上に大ゴマを配置して目を見据えたドアップだから印象に残らないわけがないというか、この台詞には相当な想いが詰まってるんでしょう。最終巻では「前に言った人格は人柄や品性のことじゃない」って都に言わせてますけどそっちはコマ的扱いからしてとってつけた感がなんともw。
どんな分野で何やってても・・・越えたいですね、一線。
f0229976_2250241.jpg

f0229976_22503020.jpg

[PR]
# by snuffking-6_10 | 2017-06-11 00:12
トレフェスから1ヶ月WF原型完成(予定)まで1ヶ月ということで、いつもなら友人と原型を見せあったりする時期なのですが、お前なんかと(←言ってないw)メールしてる暇もないほど忙しいとのこと。それならばとかねてから訪問を予定していたとある商業原型師さんのお宅にお邪魔していろいろお話をうかがってきました。

行ってみて何より驚いたのがシステマチックにまとめられた机とその片づきっぷり。かつて○○員として何十個も机の並ぶところに勤めていたとき仕事の出来る人はおしなべて机の上が綺麗だったことを久々に思い出しました。一方自分の机の上はというと・・・。部屋の片づけに関して「床に物を置くな」とはよく言いますが、作業机の上にも極力物は置かないようにした方がいいっぽいですね。

まずは先週作ったガンプラと48装甲車片付けるところからスタートだな~w。
[PR]
# by snuffking-6_10 | 2017-06-04 15:06
メイン素材のエポパがなくなったので金曜の夜に最寄りの量販店に買いに行ったらレジが長蛇の列。何事?と思ってレジ横のポップ見たら26~28日はポイント2倍とな。ポイントカード類が面倒でほとんど持ち歩かない身としては何か列に並ぶのも面倒になって買わずに帰宅
盛り作業が出来なくったためいっそこの土日はもう原型にさわらないと心に決めて、トレフェスと静岡HSで買ったプラモデルを一気に処理。
ここに写っていない最後の1個のJS-2が半分くらい進んだところでタイムアップ。全部は消化できなかったんですが1日半で6個中5個とJSが半分ならまずまず頑張ったんじゃないでしょうかw。というかすごく楽しかったです。
色も塗らずに駄々草(名古屋弁?)に作るないなんて勿体ないって言われそうですが、最近作らずにためておくだけのが勿体ないという考えになったので。(もちろん後々塗装すること考えてAFVとSF3Dは洗ってありますが)


写真2枚目のチケットは母のお供で見に行ってきた「コロッケ公演」。お客さんは概ね爺婆なんですが、1部のふざけたタイトルの芝居も爺婆なら誰でも知ってる時代劇キャラてんこ盛りでバカウケしてました。お客さんのニーズに応えるって大切ですね

2部のモノマネコーナーでは沢田研二のモノマネのところで「真面目とお巫山戯どっちがいいですか?」とリクエストを募ったところオバチャン連中が即答で「真面目!」と。コロッケって巫山戯てナンボなんじゃないの?と思いつつ見てたんですが、コロッケってマジで歌上手いんですね。あんまりバラエティー番組とか見ないから知らなかった・・・。すごくよかったですよ。
というか基本の部分がしっかりモノマネできてるからカリカチュアなお巫山戯モノマネができるんだなと。
フィギュアなんかでも同じですね。まずはガッツリ元絵に似せる腕があってその上での作家性。似せることのできない人が 「フハハ、作家性重視だから似せるつもりなんてねーよ」 とか言ってるのはかたはらいたし(古語)なのです。
【補記】
友人から苦言を頂戴したので補記です。古語のかたはらいたしは今流行ってる表現で言うと共感性羞恥のことです。片腹痛いって漢字あてて腹筋崩壊笑止千万って意味になる現代語は誤用というか傍用の定着でちょっと意味が違いますね。もともとは他人を思いやる美しい日本語です・・・。
f0229976_2165875.jpg

f0229976_2175656.jpg

[PR]
# by snuffking-6_10 | 2017-05-31 22:11
先々週トレフェス先週WF申請今週C3申請・・・体力ゲージを色の変化であらわしてみました。ちょっと倒れそうというか先週半ばから頭がぼーっとして土踏まずが痛い。どこか内蔵のツボだと思うけど調べるのが怖いですw。

ということでWF新作はちょっと前やってたアニメ『怪物王女』から大量の蝙蝠をまとった嘉村令裡、C3にはガンダムものとして下の画像のキャラを申請しました。

新作として「フフンどうもちゃん胸像」「痴女服のあの子が水着に着替えたら」「革命の乙女(だったはず)お着替え2種」です。一見多すぎてやばそうな気もしますが、最下段はほとんど共通パーツなので1体半みたいなものですし、実質去年の積み残しがほとんどで完全新規は胸像だけだからまあ何とかなるでしょう。というかなってw
f0229976_1443095.jpg

f0229976_1445198.jpg

f0229976_145928.jpg

[PR]
# by snuffking-6_10 | 2017-05-23 02:22