ブログトップ

悪魔の手ざわり

eviltouch.exblog.jp

主にフィギュア原型についてのブログです。タイトルは昔大好きだった洋物TVシリーズから取りました。ホラーやTVの記事はないです。そっち期待して来た人ゴメン。

<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「審判もドゥイエも悪くない。全て自分が弱いから負けたんです」
世紀の誤審と言われたシドニー五輪での篠原選手の言葉です。
敗因は誤審そのものではなく気持ちを切り替えて残りの時間で
逆転することができなかった自分自身が弱かったという潔い名言です。

「版元も事務局も悪くない。全て自分が下手だから落ちたんです」
造形に限らず戦略だったりリサーチだったりそういったもの全部含めてですが、
下手--何がしかのよくない部分--があったということなので潔くするのが美しいですね。


特筆すべき理由があるときは版元さんは丁寧に理由をコメントしてくれてます。
最近見かけたのだと『同人絵不可』とか『他社とのコラボ作品は不可』とか。
権利関係が複雑に絡んでくるからウチの一存で許可出せませんよーって一目でわかります。

一方何も書いてないってことは・・・書くまでもないってことなんでしょうね。
俗に言う「言わせんな恥ずかしい」ってやつ。
「ちょっと考えりゃわかるだろ?」「これ通るって本気で思ってる?」
こう翻訳しつつ深呼吸すると心がスゥーっと落ち着・・・かない人もまあいるだろねw。
[PR]
by snuffking-6_10 | 2016-06-30 21:14
銀座フィギュア工房主宰 銀五郎
『ちぇっ!なんだいその監修は!それじゃあせっかくの原型がだいなしだよ!
俺の原型は芸術品なんだよ!それをお蔵入りにしやがって!
てめえらに見せる原型はねえ!帰れえ!』

究極のフィギュア担当記者 山岡 
『確かに、キャラは最高、元絵も最高、複製・塗装・写真も最高。
だがオヤジ、肝心の原型が最低だ。折角のキャラも元絵も泣いてらあ。』

『これでわかったかい!おまえのフィギュアのダメなわけが。
おごり高ぶった心で作れば、ポーズもディテールもガチガチに固まってしまうんだッ!
心のこもってないフィギュアはただのレジンやPVCの塊だ!フィギュアじゃねえ!
おまえのフィギュアがそれなんだよ!』

ネタもとの話が掲載された当時大学生だったかな。
このころの美味しんぼはめぞん目当てに買ったのに真っ先に読むくらい面白かったし、我が身に置き換えてみて刺さるところがあったなあ・・・。
パック寿司も回るお寿司も美味しいよっ!w
[PR]
by snuffking-6_10 | 2016-06-29 21:56
♪ハッキヨイ!ハッキヨイ!大相撲~「ひよの山かぞえ歌」
ということで家業の縁で名古屋場所の御免祝いに行ってきました。写真は記念にいただいた名古屋場所担当親方の名入り湯飲み(有田焼)。仕事抜きでもお相撲好きなのでメッチャ嬉しい。勿体なくて使えませんw。

例年WF開催日と名古屋場所千秋楽が重なるので名古屋場所開催がせまる御免祝いの日が来ると「WF進捗がああああ…」となるのですが、今年は新作の劇場版星梨花ちゃんが実質書類で落ちてしまったので余裕なのが悲しくもあり。その分ミカフキンが満足のいく状態になりました・・・はずw。週末はいよいよ粘土埋めでございます。
f0229976_019292.jpg

[PR]
by snuffking-6_10 | 2016-06-24 00:48
やっぱり不許諾でした。
劇場版ステージ衣装で星梨花ちゃん作ってたんですけど・・・残念!切腹!!(ふ・・・古い・・・)

C3にも申請してあちらの1次審査ですぐに×がついていたので予想はしていたんですけどね。申請直後に「ミリオンキャラの劇場版仕様は不許諾っていうツイートを映画公開当時に見たぞ」って友人から聞いてもいましたし。せっかくガイドラインがあるんだから書いておいてほしかったなあ・・・。
というかC3は一次(書類)審査で不許諾、WFは本申請までして不許諾w。それぞれのシステムからして違うから仕方ないというのはわかるけど・・・わかるけどぉ・・・。

お話の中でミリオンキャラはずっとだめっこどうぶつ状態wで、刺身のツマというか出汁というかそんな状態だったので何としても格好いいところを立体にしたかったんですが・・・。
本編ラスト曲“マスターピース”間奏部分♪チャッチャラッ、チャーラララーってとこで腰を振ってるのが最大の見せ場だと思ったのでダンサー衣装のそのポーズで作ってました。見せ場なんだけど7人の踊りが全然揃ってなくてそこもご愛敬というか、7人横並びになってるところで熟練度に差をつけて全員バラバラって作画すごすぎるだろと。前の4人と後ろの3人は足の開き方が振り付け段階でそもそも別物になってるしホントすごいです。ここの部分だけは100回以上見たw。一番上手いのは奈緒でキレッキレ、微妙なのは練習サボってた可奈で何かフニャフニャ踊ってるな、と思いながら自分は見てました。円盤や録画持ってる方は是非スローで!。
星梨花が通ったらそれを皮切りに7人揃えて並べるつもりだったんですが・・・(ノД`)・゚・・・まあ仕方ないです。

星梨花ですがカード絵柄(それしか通らないらしい)の別コスで冬に再チャレンジです~。
そのあとそれを芯にして・・・♪やってやるやってやるやってやるぜー
[PR]
by snuffking-6_10 | 2016-06-15 22:48
詰め直してるミカ姉のジャージです。ラグラン袖の切替部分で分割しました。
一発で抜いて抜けなくもないんですが、胴体と腕の色が違うのでマスキングの手間やワキ腹部分のパーティングライン処理を考えると分割するのが無難かなと。
画面キャプでもわかるのですが、ラグラン袖なので肩口のアームホール部(右側の赤線部分)に縫製線はありません。縫製線の書き忘れじゃないですよ、念のため。ラグラン袖は襟ぐりのところまで一体になった肩が動かしやすい縫製形式(ラグラン袖の起源を調べれば理由がよくわかります)なので肩口にも線を入れてしまうと意味が無くなってしまいます。本編画面で赤線部分にくっきりした線が入っている画もありますがただのシワです!、たぶん。

分割はしすぎてもしなさすぎても組立塗装がしにくくなるので、どう案配するかが悩みどころです。自分は組み立てられるけど買ってくれた人はどうかなー?とか。
業者抜きしてる人なんかはコストにも跳ね返ってくるのでより一層悩むところみたいですね。自分もそろそろソコで悩んでみたいなーw。

そういえばPVC完成品の水着フィギュアなんかだと謎の腕輪がしばしば登場します。ムエタイ選手も試合で似たような腕輪をしているんですが、ムエタイのアレはパープラチアットといってお坊さんの拝礼を受けた神聖なお守りです。水着フィギュアのオネーチャン達がしてるのは???これから組んず解れつな格闘をしても○○○に負けないためのお守りということなんでしょうか、よくわかりませんw。
という品のない冗談はさておきPVCフィギュアの謎腕輪は大量生産品としての分割をクリアするための苦肉の策ですね。レジンガレキの謎腕輪はただの手抜きだと継ぎ目消しを前提にするか水着に分割線を持ってくるか考えるのが面倒なところでもあり面白いところでもあり。
たまにすごい分割(良い意味のほう)してあるキットに出会うと本当に嬉しくなります。

f0229976_2255973.jpg

[PR]
by snuffking-6_10 | 2016-06-12 23:43
現在C3(旧キャラホビ)に向けてラフタやらクーちゃんやらいろいろ作ってるわけですが、去年のギャン子を『レプリカントEX vol.4』に掲載していただきました。ギャン子が集められていたページなのでたまたまなんですが、宮川氏のお隣に配置され表題の感想に。
というのもフィギュアのスクラッチビルドを始めるにあたってお手本に買ったのが2枚目写真にある氏のエヴァンゲリオンフィギュアだったんですね。

当時は写真のようなPVC完成品の未塗装版がキットとしても売られてたり、完成品フィギュアの質が格段に上がり始めて業界が試行錯誤でいろんな商品形態に挑んでいたある意味いい時代でした。濃いめの肌色無塗装のためディティールなんかを細かく見ることができるしいじくりまわしてて落としても割れないw。塗装済みじゃ塗装が邪魔してディテールや肌の微妙なラインがわからないから、この商品は本当にありがたかったです。

これを見ながら『星界の紋章』のラフィール皇孫女王女殿下を作り、常連だった模型店に飾ってもらっていたところ「ワンフェスに持っていっても売れる出来だよ」という社交辞令を真に受けて参加したのがイベントディーラー参加の始まりでした。当時ワンフェスには一般客としても参加したことがなかったので、今思えばよくディーラー参加なんかしたなと。件の台詞でおだてた人も参加申し込みしたり複製材料買い込んだりしてるの見てたぶん焦ってたというか良心の呵責を感じてただろうなーw。結局その人の言ったとおり初参加にしてはソコソコ売れたので気をよくして続けて今に至ります。
f0229976_14402621.jpg

f0229976_14475897.jpg

[PR]
by snuffking-6_10 | 2016-06-05 22:58