ブログトップ

悪魔の手ざわり

eviltouch.exblog.jp

主にフィギュア原型についてのブログです。タイトルは昔大好きだった洋物TVシリーズから取りました。ホラーやTVの記事はないです。そっち期待して来た人ゴメン。

いよいよ複製予定の月末が見えてきたので『怪物王女』嘉村令裡を詰めてますが・・・口がなかなか。閉じ口だと簡単な1本線みたいな気がしますが、実は原型製作者ごとにかなり特徴の現れる部分だったり。

口に関しては高1のとき生物の授業で先生から聞いた「サルからヒトになったからヒトの唇は赤くなったしオンナの胸は大きくなった」という話がすごく印象に残ってます。4足歩行してたときはいつも目の前にあった尻とオ○ンコが2足歩行で見えなくなったからオスの性欲を刺激するために胸は尻のように膨らんで、唇はオ○ンコのようにビラビラで赤い色になったんだとか。その証拠にゴリラもチンパンジーも唇は薄いし赤くもないと。真偽はともかくとしてこんな話をそこそこ若い女の先生にされた日にゃその日1日勉強なんて手につきませんw。

市内でも結構な進学校だったんですが受験勉強は浪人して勝手にやれって感じの自由な校風だったので、先生たちも授業は勝手気ままなことやってたなあ・・・。この生物の先生には当時東山公園に来て話題になってたコアラの餌のユーカリ農園を作るために里山を潰すのはもってのほかだからコアラなんかオーストラリアに返せって話を小一時間授業で聞かされた思い出・・・。他に時間割変更知らずに注文したラーメンが伸びるから食って来るって出席とって即学校の隣のラーメン屋に行っちゃった先生もいたけど今だったら大問題ですよ。しかも食べてきたのがベトコンて臭いテロw。

閑話休題言帰正伝。
ということで口は性的表現規制が厳しい昨今でも大手を振ってセックスアピールできる貴重なパーツなので頑張り甲斐があります。塗る人がある程度修正可能な目と違って原型が全てで取り返しがつかない場所ってとこでもありますし。
気位が高く自由気ままかといってただクールなだけじゃなくて義理堅いところもある変わり者の吸血鬼さんの唇どうしますかねえ・・・。

写真は最近作った自作でいちばん気に入ってるアオさんの口。ま、フツーですw。
f0229976_942772.jpg

[PR]
# by snuffking-6_10 | 2017-06-24 10:19
ジャッジメントスマイルの星梨花ちゃん再販許諾いただけました。
ワンフェスのアイマス系ガイドラインが変更になり許諾後の告知の審査が免除となったためさっそく。組立塗装はむーぶさん。いつも可愛く作ってくださりありがとうございます。

また写真を撮り直したらあらためて投稿しますがまずは報告かねてとりあえずの第1段です~。
f0229976_04260.jpg

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
[PR]
# by snuffking-6_10 | 2017-06-23 00:22
1年半くらい前たまたま通りかかった初めての模型屋さん(個人商店)でタミヤの緑キャップ流し込み接着剤を買おうとしたところ品切れ。手ぶらで出るのも気が引けたので購入したFAGマテリア。小物の展示の付け合わせにでもすればいいやと思っていてずっと放置だったのをアニメが始まって思い出したのでパチ組しました。

1時間半くらいでできちゃうお手軽キットなのに可愛いくできてますね。近所の量販店でもFAG新製品は1個制限になってるんですが、人気が出るのも納得です。ボックスアートのフミカネ絵がよく再現されてると思います。

パチ組ですが顔だけはタミヤのウェザリングマスターHのベールオレンジでチークを入れ爪楊枝の先でエナメルの白をほっぺハイライト。ついでに瞳ハイライトも濃いめにして目力アップ。コピックモデラーで口にうっすらピンクを入れて完成~。筆すら使ってないw

フミカネキャラといえば何人かの方に聞かれたんですが、以前出した3周年Z3と並べれるような
4周年イラスト版水着Z1はZ3販売からちょうど1年後になる冬のトレフェスあたりで作ろうかなと考え中です。まさかフリル付セーラービキニとは・・・前回のマックス地獄のように今度もレーベ地獄になるんでしょうかw。


f0229976_2202339.jpg

[PR]
# by snuffking-6_10 | 2017-06-17 23:03
以前はずみで手に入れた改造パーツ。2枚目赤囲みに書いてあるのですが、なななんとタミヤ1/35のT-62をT-54に改造するためのガレージキットです。
たぶんT-54/55のプラモがタミヤのモーターライズ「コマンダー」しかなかった時代のキットだと思います。T-62の車体をぶった切って縮めてT-54車体を作れというステキ仕様w。T-55の胴体を延長改良してT-62作ったわけですから先祖帰りは正常な手法と言えばそうなんですが。タミヤをはじめT-55の好キットが沢山発売されている今となっては最早まっとうなミリタリー模型マニアには見向きもされないキットだと思います。

ですが見ていて何とも楽しい気分になってきます。品番(35TT001)を見ると1/35シリーズの第1段ですよ。キットを作った人の意気込みがw。特価1000円の値札の下には別の値札打ちで打ったサイズの違う3600円の値札があるんですが、恐らく30年くらい前に3600円出してこのキットを買った人の「よっしゃーこれでバリバリのT-54/55作ったるぜー」という高揚感。そしてガレキ説明書とタミヤのキットを並べたときの絶望感w。

現在エッシー、トラペ、タミヤとT-55系のキットをいくつも持っているので、自分も今さらタミヤT-62を切り刻もうとは思いませんが、エッシーの砲塔がペタンコで格好悪い(3mm低いというのが定説みたいです)ので、エッシーを作るときこの砲塔を使ってみようかなと思ってます。

ガレキは陳腐化した古いキットでも夢があって楽しいです。
自分が初めて買ったガレキは土筆レジン製「悪魔の使いチェストバスター」。当時何を血迷ったか新品定価で2つも買ってしまいました・・・。今でも箱を開けると夢の続きが見られます。悪夢も夢のうちというオチですがw。
f0229976_21181863.jpg

f0229976_21185374.jpg

[PR]
# by snuffking-6_10 | 2017-06-15 22:30
WF申請中の新作『怪物王女』嘉村令裡は早々にご許可いただきましてありがたいかぎり。蝙蝠の接続を煮詰めてる最中でバラバラなのでちょっと別のモノを。

1枚目は1年くらい前に作った『風立ちぬ』に出てくるファインモールド製「二郎の鳥型飛行機」です。ほんとうは翼端が青なんですがパーツで色分けしてなくて自分で塗る仕様なので白いまま。技術力のあるはずのファインがなぜ色分けしなかったのか、当時「ポプカル」に出展者としてきていた同社社員さんに聞いてもイマイチ歯切れが悪かったのですが、自分で作って眺めてみてなんとなく察しました。
鳥型だから翼端が白い方が格好いい けど翼端が青いのははちょっとビミョー ですねw。
近所のリサイクルで400円(メ希価2200えん)だったのですが、30分かからずに組み終わってしまったのでコスパ的に妥当な買い物でした。

2枚目は「お前がそう思うんならそうなんだろうお前ん中ではな」で有名な『少女ファイト』のバレー部員ルミ子がちらっと出てくるということで鳥飛行機と同じリサイクルで最近買ってみた『G戦場ヘヴンズドア』の一場面(『少女ファイト』だと練やルミ子より他校キャラの扇田が暑苦しくて♡)。漫画かく人たちが主人公の漫画でした。
ファンからは≒作者として見られることが多いらしい漫画家町田都の印象的な台詞。右綴じで一番目立つ左上に大ゴマを配置して目を見据えたドアップだから印象に残らないわけがないというか、この台詞には相当な想いが詰まってるんでしょう。最終巻では「前に言った人格は人柄や品性のことじゃない」って都に言わせてますけどそっちはコマ的扱いからしてとってつけた感がなんともw。
どんな分野で何やってても・・・越えたいですね、一線。
f0229976_2250241.jpg

f0229976_22503020.jpg

[PR]
# by snuffking-6_10 | 2017-06-11 00:12